HOME > 利益相反

利益相反

 一般社団法人日本リンパ浮腫学会(以下、「本会」という)は、リンパ浮腫に関する様々な分野の最先端研究を統合発展させて治療に還元し、診療を担う医療関係者を育成することをその目的とし、これらを通じて医療の発展に寄与して公益に資する。このようなリンパ浮腫に関する研究は、企業、組織、団体等との産学連携等により行われる場合が少なくない。研究においては公明性、中立性が求められるが、産学連携研究により、学術的、倫理的責任を果たすことによって得られる成果の社会への還元(公的利益)と、産学連携活動に伴い研究者個人が取得する金銭、地位、利権など(私的利益)の2つの利益が研究者個人の中に生じる利益相反(conflict of interest : COI、以下COI)が発生することがある。COI状態が深刻な場合、研究対象者の人権や生命の安全・安心が損なわれることが起こりうるし、研究の方法、データの解析、結果の解釈がゆがめられるおそれも生じる。また、適切な研究成果であるにもかかわらず、公正な評価がなされないことも起こりうる。  本会は、会員に対してCOIに関する基本的な考え方を示すことによって、本会の研究の公明性と中立性を確保し、リンパ浮腫研究活動を積極的に推進し、社会的責務を果たすために本指針を定めるものである。





ダウンロード書類
  1. 【様式1】日本リンパ浮腫治療学会 役員、各種委員、学術集会会長等の利益相反(COI)申告書(Word)
  2. 【様式2】日本リンパ浮腫治療学会 本会の学会誌・講演会等で発表を行う者の利益相反(COI)申告書(Word)
  3. 【様式3】COI開示(PPT)


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

会員ログイン

入会登録フォーム



学会認定資格



フェイスブックページ



学会認定 講習会・セミナー



学術総会

 


第6回日本リンパ浮腫学会学術総会WEBサイト
PAGE TOP